地元が大好きな娘が上京し、毎日のようにかかってくる電話

地元が大好きな娘が上京し、毎日のようにかかってくる電話

ずっと生まれも育ちも大阪だった娘は、海外に興味もなく、ほかの地域にも興味がなく、「私はおじいちゃんやおばあちゃんや家族や友達がいる大阪にずーっとおるで!」と言っていました。

それが、いざ就職が決まるとなんと東京の本社勤務になってしまったのです。

私は淋しかったですが娘のこれからのことを思ったり、娘の性格を考えると十分に東京でバリバリやっていく素質があると思ったので応援しました。しかし当の本人は「いやすぎるーーー!」と言いながら上京したのです。

友達が多い娘は東京にもすでにたくさん友達がいました。

そして上京となったので毎晩のように飲み会やなんだのとお誘いがあるようでした。それなのに毎日電話をかけてきては「さみしいーお母さんにあいたい。おばあちゃんに代わってー!」と言うのです。

おいしいご飯と炊飯器

話しすぎて母が「もう切るで」と言うのに娘は「やめてーーおばあちゃん私を一人にせんといてー!」と言うのでいつも切る間際はこちらはみんなで笑っていました。本当に家族が大好きな娘です。

そんな娘も就職してもう3年、かなり大人っぽくなり、いろいろと任せられるようにもなり、やはり出世街道を進んでいるようです。

親としてはとても嬉しいのですが、相変わらず娘は地元の大阪が大好きで、「はよ帰りたい!結婚は絶対に大阪でするからな!」といつも言っています。

面白いので「もう東京で一生住むことになると思うけどな。いいところじゃないの。」と言うと本気で怒ります。

それでも頑張り続け、月に一度は何か美味しいお菓子など送ってくれる娘に、よくここまで育ってくれたなと感謝する日々です。

最愛の娘がパーフェクト!と合格をくれた人との再婚へ

最愛の娘がパーフェクト!と合格をくれた人との再婚へ

ファクタリングメリットは?

夫と離婚して3年後、職場で出会った男性と食事に行ったりするようになりました。

夫と離婚をしたのは娘が小学校の時で、男性と出会った頃にはもう娘は中学生になっていたのでいろいろな事を感じ取っていたようです。

娘も中学2年になって彼氏ができ、人を好きになることを知ったからか、「お母さん、もし私のこと思って何か抑えたり遠慮したりするなら、そんなこと私全く望んでないからね」と言ってくれました。

その言葉に救われた気がしました。

男性と正式にお付き合いするようになり、娘に報告しました。「お母さんね、実はお付き合いしてる人がいるの。」と言うと娘は「きゃー!かっこいい?見せて!」と言って私と彼の写真を見ました。

「すてき!かっこいいね!お母さん良かったね。私ね、パパはやっぱりパパだけど、お母さんがもしこの人と結婚することになっても全然大賛成だからね!」と言ってくれました。

なんていい娘を持ったのだろうと思いました。本当に心から感謝しました。

彼を初めて娘と会わせたときに、彼が「すごくいい子だね。さすが君の子だね。もしあんな子が自分の娘になってくれたらすごく嬉しいな」と言ってくれて、娘は「パーフェクト!あの人にならお母さんを任せてもいいよ!」と言ってくれました。

そんな流れもあり、今再婚に向けて準備をしています。

これほど娘に恵まれた私は、これからもずっと娘のために頑張っていこうと思います。

大好きな人と再婚し、娘がまた巣立っていってもこれから先もずっと変わらず娘を愛していきます。

最後に、離婚して3年ほどですが、シングルマザーとして苦労もありましたが、子どもの親権をとって本当に良かったと思います。

養育費も貰えず、確かに経済的には辛いこともありましたが、それ以上の幸せがあったからです。

子どもを手放したくない方は、絶対に親権をあきらめないで、きっちり離婚協議で取り決めをして下さい。

私は4歳の息子が居るシングルマザーです。

私は4歳の息子が居るシングルマザー

私は4歳の息子が居るシングルマザーです。

月曜から金曜日まで仕事で子供と居るのは、おもに平日の保育所終わってからと土曜日と日曜日だけになります。

男の尿漏れで悩む毎日・・・

平日は保育所迎えに行ってから、近くのスーパーにて買い物してお家に帰るのですが、帰ってからも洗濯とか掃除とか、家事で手一杯な私はいつも手作りのご飯はなかなか作ってあげれません。

いつもスーパーのお惣菜やお弁当ばっかりでホントに申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

そんなある日の土曜日。

休みだったので家事を一気にしようと思って、干してた洗濯物をかごに取り込んで別の部屋に置いといて、洗い物も残ってたので洗い物をしていると、さっきまで居た息子の姿が見えません。

あれ?と思って洗濯物置いておいた部屋に行ってみると、ぐちゃぐちゃながら一生懸命洗濯物を畳んで居る息子がいました。

「それ、ママがやるから置いといて」といったら、「いつもママの洗濯物見てるからこれは僕がやる」と言って一生懸命畳んでくれました。

「ありがとう」と言って、私は洗い物しに行きました。終わると息子は疲れたのかすぐ寝てしまいました。

そしてお風呂の時間になりました。服を選ぶ時に息子が畳んだ服を見てほっこりしました。と、同時にいつも畳み方をよく見てるなぁと思いました。

そして、お風呂に入って息子に「いつもいつもバタバタでおもちゃとかも一緒に遊んであげれなくてごめんね」と言ったら、「僕も保育所頑張るから、ママもお仕事頑張ってね」と言われました。

その言葉に涙が止まりませんでした。ほんとによく出来た息子だと思いました。それからはなるべくご飯も最低限手作りで作ってあげて、おもちゃも寝るギリギリまで一緒に遊んであげるようにしています。

言葉もいっぱい喋れるようになって、自分の気持ちを言ってくれるようになって、日々成長を感じています。

これからも息子と元気で仲良くやっていきたいと思います。

友達の素敵な家を訪問して

友達の素敵な家を訪問

足のむずむずがきになって・・・

友達が家に招待してくれて、初めてお邪魔することになりました。その家は注文住宅だそうでとっても素敵だと噂に聞いていたので、楽しみに出かけていきました。

到着するとまず、敷地の広さにびっくり。我が家は敷地周りに自転車を1,2台とめるだけでも苦労しているのに、余裕に10台ほどとめられそうでした。

車も2台は止められる広さ。家に入る前からわくわく感が高まっていきました。

いざ、おうちの中へ案内されると、なんと玄関の正面に中庭があるのでした。ウッドデッキになっていてプライベート感もあります。

前が庭になっているので木々に囲まれて人目も気にならないし、バーベキューをしたり、ただぼーっと座っていられそうな癒しの空間でした。

とってもうらやましいです。そこを挟んで、ダイニングとリビングが分けられていました。でもキッチンから中庭の向こうのリビングが見えるので、子供たちの様子も見えるようになっていました。

我が家はキッチンもダイニングもリビングもすべてつながっているので、よく言えば広い空間に感じられますが、キッチンが丸見えでにおいなども部屋中に充満してしまいます。

リビングからキッチンの食器棚も見えるので、半透明の扉なのですが、お皿などが透けて見えてしまうので、来客時はそれも気になっていました。

なのでこういう間取り、キッチンダイニングとリビングが全く別の空間にあるのもいいなあと感じました。実際のお宅を見せてもらうと勉強になります。

我が家は家を買う時に注文住宅を建てる選択肢はなく、建売を中心に見ていました。でも建売も何となく似たような間取りが多かったと思います。

当時注文住宅を建てる事は考えられなかったけど、今回友達の家を訪問してさまざまなこだわりが色々な場所に感じられました。もう家を買うことはないと思いますが、よい経験になりました。

娘も幼稚園に入りこれからが大変!

娘も幼稚園に入りこれからが大変!

先日幼稚園の入園式がありました。私と娘は両親と姉二人と実家暮らしをしているため、保育園には入れていません。とても恵まれた環境にあったと思います。ですが、これからが本当に大変な時期なんだと思います。

娘が幼稚園に入り、私も本格的に正社員として働ける職場を見つけなければなりません。今まで私が働きに出ていた間は、両親(娘の祖父母)や姉(娘の叔母)たちにみてもらっていました。

こどもの歯ぎしりがきになって・・・

しかし、そんな生活を長く続けることはできません。そろそろ私たちも自立し、安定した生活を送らなければならないのです。
問題は、長い間パートとして働いてきた私が良い会社に就職ができるかということと、娘を学童保育に入れるための手続きや娘の心のケア。私はイギリスで幼少期を過ごしたため、日本語と英語を話すバイリンガルです。

なのでできれば英語を使った仕事がしたいと思っています。ハローワークにも足を運び仕事を探していますが、英語を使った仕事といってもそう数が多くあるわけではなく、家族を養うぐらいの給料をもらえるところは限られています。

今現在まだみつかっていません。これからどうしようか、不安でいっぱいです。
そして娘のこと。近くにインターナショナルの学童保育(先生が外国人で英語で話します)があるので、できればそこに入れたいのですが(お金がかかるので無理かもしれませんが…あくまでも現時点での希望です)、今まで家族とずっと一緒にいたのにいきなり離れることで、娘に寂しい思いをさせないか、心配です。

そしてそのインターナショナルの学童保育に入れたとしたら、英語の環境にいきなり囲まれるわけです。人一倍甘えん坊の娘なので、大丈夫かなあ。

一人暮らしを始めるにあたりオーナーズマンションを知る。

一人暮らしを始める時に、最初はどう始めたらいいのか分からなかったので、とりあえず外に出て、その辺にある不動産屋さんに行きました。

賃貸の物件とは決めていたので、その旨を伝えたら案外簡単な手順で進んでいって、珍しい体験をしたなと思いました。

その日のうちに物件を決めて、その日中に物件を見させてもらいました。車で不動産屋さんと一緒に乗せてもらい、案内してもらいながらたどり着きました。

今までの引越しでは、ネットで物件を探してから不動産を訪ねて契約するという動きだったので、違う方法をとったのはちょっと思いつきだったなと思っています。

不動産屋さんに行っら案外物件紹介はフランクな感じで驚きました。契約したりするのはもっと難しいものだと思っていたので、予想外の体験という感じでした。

オーナーズマンションを紹介していただいた訳ですが、本当はどこでも良かったです。条件を言ったら提案してくれたのが偶然オーナーズマンションで、オーナーさんが同じマンションに暮らしているという状況は初めてでした。

どんな感じで暮らしていったらいいのか最初は迷いましたが、後々あまり気にすることなく暮らせていけました。

家賃から場所まで全部思った通りになり、そこに住む訳なので、自分の自己責任で全部やらないと、誰にも頼めないこともあるので、思いつきで決めて動いてしまうのもどうなのかなと、今となっては思います。

普通のオーナーさんがいない賃貸物件とはやはり住み心地というのは違って、制限がかかる部分は沢山ありました。

管理されているという感じがあるので、普通の賃貸物件の方が楽といえば楽だと思いました。

引越しはきりがなく、自分で好き勝手な場所に住まうという破天荒な状態は、早く切り上げるか、次を決めるかして、色々な人に迷惑をかけないようにだけ心掛けないといけないと思います。